ママ友と外食で救われたー

こんにちは、後藤メグです(*´ω`*)ノ)) 結婚前のことなんですが、夫と山道をドライブしていたのことです。道の真ん中に何か落ちているので拾ってみるとそれは人形とくしでした。そして私が口を拾おうとするともっとが串を拾うなと言いました┐( ∵ )┌なぜかと理由と尋ねてみると、櫛を拾うと苦労も一緒に拾うということでした(*≧艸≦)人形には怨念も付いているので、その怨念も一緒に持って帰ってしまうということでした。ということで、ママ友の話もしてみますね。
昨日、ママ友の一人から突然連絡があって、お昼に家の近くまで来る用事があるからランチしないかって。
実はわたし、先週くらいから超多忙で疲れ切ってて、ボロ雑巾のような状態だったんだよね。
体も疲れてたし、それ以上に精神的に参ってて、もう何もしたくない状態。
その連絡もらったのはもう10時くらいだったけど、まだパジャマのままで顔も洗ってなかったし、髪もとかしてなかった。それくらい気力がわかない状態だったのねー。
だから、そのランチの誘いも正直言って、面倒臭いというか、行きたくないなーって。で、断ろうかと思ったんだけど、それでもまだちょっと理性が残っていたというか、自覚があったというか。行った方がいい、って思えたんだよねえ、奇跡的に。そしてこれが大正解。化粧する元気もなくてすっぴんで出かけたんだけど、向き合って食事を食べながら、ポロポロって涙が出ちゃって、自分でも驚いた。彼女もびっくりしただろうなあ。その後、彼女がいろいろ言ってくれたことは、実はあまり心に届かなくて(笑)だけど、自分がとにかく休息が必要な状態だってことに気づくことができたし、なんか楽になった気がしたし、ほんと救われたと思う。
それなのに失礼な言い方だけど、ああいうとき、ああじゃない、こうじゃない、ああしたら、こうしたらっていうアドバイスとか忠告とかは全然心に響かないしむしろ耳を塞ぎたくなるもんだってこともよくわかった。